香港

朝の「旅サラダ」で浅野ゆう子が香港へ。
夏休みは気分を変えてバンコクに行ったのに
画像を見るとやはり行きたくなってしまいますね。
今年は既に2月と5月に訪れたのに。

あの街は住んでいる人たちと同じく
立ち止まることがなく、常に変化していますから
この間行ったから、ってそう簡単には引き下がれません(笑)

香港の人たちはお金のことばかり考えていて汚い
そのコンテクストで大阪の人たちと似ているなどと
誰が思いついたのか、そんな乱暴なことを言う人がいるようですが
家族や友人を大切にする情の厚い人たちだとボクは思います。
大阪の人だってそうです。
声の大きなことも含めてこの意味で似ているかな。

地震がないと言われ、高層ビルが立ち並ぶ香港ですが
9月の半ばにマグニチュード3.5の地震があったそうです。
年に一度この程度の地震が起こっているそうですが
2年半ほど住んでいたボクは一度も感じたことがありませんでした。
東京で「震度4」のときでもぐっすり眠っていた手合いなので(笑)

とはいえ、香港で実際に大きな地震が起これば
それこそ「ドミノ倒し」よろしくパタパタとビルが倒れそうで怖い。
耐震基準はどうなっているのかと言うと

建築物の耐震基準なし。
ただし、風速250kmの強風に耐えられなくてはならない。
(換算するとマグニチュード7.0までの耐震強度を有することになる)

だそうです。
香港政府は相変わらず大嘘つきですね。

そうそう、ランタオ島のケーブルカー(ロープウェー)
「昂坪(ゴンピン)360」が18日から一般乗車を開始しました。
運行コンピュータプログラムの問題で
当初開業予定の6月24日の直前に無期限の営業見合わせだったのに
問題は解決したのかなぁ?
これも怪しいぞ。
大仏のある宝蓮寺まで簡単に行くことができて確かに便利ですが
試運転で何度も宙ぶらりんになる事故を起こしていますし
6キロ近くという相当な距離
天候が不安定な香港
雲の中に取り残されるリスクは取りたくないな。

にほんブログ村 クラシックブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック