音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ピアノレッスン】 エチュード録音の巻

<<   作成日時 : 2018/07/10 05:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


日曜日はレッスンでした。

結構苦労してきたショパンのエチュード10-1、ウィークデーにサイレントで練習して、無理なく脱力して弾けるテンポをようやく掴めたなぁ、と土曜日にいそいそと開放して弾いたら・・・結局焦ってしまってテンポが速くなってしまい崩壊(笑) 何度か弾いて、開放した状態で弾いても「これならば」というところまで修正しました。

日曜日レッスン前に同じように弾ければ録音、ダメなら再度かなぁと思いつつ、2度通して弾いたところ、何とかなりそうだったので、録音をお願いすることにして先生のお宅へ伺いました。

さて、序盤、中盤と順調に流れて表情も変化させつつ、再現部のオクターブ低い左手のC-Cがバシっと嵌り、やったなと思った瞬間からやや頭が真っ白状態となり、終盤の細かく表情を描くところが弾くだけで精一杯となり、何とか最後のアルペジオはきっちりと決めることができたものの、やや微妙な出来。

ですが、僕自身としてはこうやって弾くことができたことで、2テイク目はなしということにして頂きました。次からは新しい曲となります。

その前に弾いたバッハ、3声のフーガですが、ほぼ右手の弾きわけなので比較的頭の中の整理はつきやすかったように思います。そうは云っても、いざ両手で弾くとなると結構な苦労があって、余裕を持って弾けるようになったのはギリギリ。テーマの歌わせ方がよくわかっていないままレッスン突入。

やはり、テーマの歌い方にダメ出し。4つ目のFisを意識すること、その前の3つを弾きわけること、これで頭の中も整理されました。こうすれば、単純な八分音符の並びと歌い方が統一されます。一人で練習していて、煮詰まっていた部分だったので目から鱗でした。

次回は19番のプレリュードになります。

7/9
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュード〜平均律第19番、粉屋の踊り〜三角帽子

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ピアノレッスン】 エチュード録音の巻 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる