音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS タイポさんぽ 台湾をゆく:路上の文字観察

<<   作成日時 : 2018/01/13 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

















(引用始)昭和期の商店や商品のロゴ,手描きの看板などを独自の視点で紹介し、手描き文字デザイン再評価のターニングポイントとなった名著「タイポさんぽ」が舞台を台湾に移し、あっとおどろく漢字看板の世界を追いかける(引用終)

僕は台湾の看板観察なんだろうと単純に読み始めたのですが、そもそも「タイポ」って何?というレベルです。しかしながら、ひらがなやカタカナに逃げることのできる日本語とは異なり、台湾ではすべて繁体字の世界で、ある意味ごまかしがきかないことから、「漢字だから理解できる」と思いがちな頭では理解不能なものも台湾の街には溢れています。

それに加えて(というかそれよりも)表現上の工夫というか技とでも言いましょうか、そうそう考えつかないような「撥ね」や「止め」の逆説的とも云える技巧、漢字の中にデザインを忍び込ませるアイディア等々が紹介されており、僕をまったく新たな世界に誘ってくれました。台湾各地の看板は比較的落ち着いていて、香港のような迫力がないように思っていたのですが、実は奥が深かった。

今回の訪台でもそういう目で見ると、面白い看板が多数見られました。

1/12
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュードとフーガ〜平均律第1巻第11番、シューベルト/ソナタ第7番第4楽章

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



タイポさんぽ 台湾をゆく:路上の文字観察
誠文堂新光社
藤本 健太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タイポさんぽ 台湾をゆく:路上の文字観察 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイポさんぽ 台湾をゆく:路上の文字観察 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる