音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS N響1862回定期公演 〜クラシック音楽館

<<   作成日時 : 2017/08/11 09:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


先週日曜日のクラシック音楽館、僕のお目当てはダフニスとクロエ第2組曲。

画像



















分厚く濃厚だけれどもとてもクリアでしなやかな響きの弦、名手揃いの管、絶妙な味つけのパーカスと期待通りの好演。密やかな中に濃密な色合いを表現した夜明け、パントマイムのフルートソロは指揮者の厳しいリクエストに応えてお見事。そして、ラストは吹奏楽コンクールを聴くかのような超高速バッカナール、全員の踊り。N響のダフクロで興奮するなんて夢にも思っていませんでした(ごめんなさい)。

そういえば、大阪の吹奏楽名門校は今年もダフクロって聞きましたけど、本当? 僕は大阪桐蔭の演奏で聴いてみたい(笑)

そして、ダフクロよりも血沸き肉躍ったのがこの演奏でした。

画像



















ピアノは河村尚子さん。河村さんのピアノをちゃんと聴いたのは初めてです。サンサーンスのこのコンチェルトはどの楽章も格好イイんだけど、以前TVで見たコンクールのファイナルでこの曲を演奏した10代の女の子は、緊張のあまり暴走タランテラとなってしまい、もう破れかぶれの悲惨な演奏になってしまったことをよく覚えています
。技術に走って曲を見失ってしまうと罠に嵌ってしまうんですね。

河村さんの演奏は堅牢な土台に、厳しさ、激しさ、優しさ、軽快さ・・・豊かな表情が次々に現れる、見事なものでした。3楽章からなるこの曲はあっという間に終わってしまったという感じ。特に、タランテラはコミカルな中でも、リズムがバシッバシッと決まってとても気持ちが良かった。素晴らしかったです。ブラヴォ!

8/10
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 ジーグ〜パルティータ第6番、エル・プエルト、トゥリアーナ〜イベリア

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
N響1862回定期公演 〜クラシック音楽館 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる