音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学四強時代 〜吹奏楽コンクール

<<   作成日時 : 2017/07/31 04:41   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


吹奏楽コンクールの時期になりました。地区予選から早いところでは県大会が行われているようです。そんなことを思いつつ、有酸素トレのBGMで、久しぶりに吹奏楽、それも今津中、豊島十中、出雲一中や山王中というオールドファンならではところを聴いていました。

以前から、この4校の自由曲の選曲については何らかの傾向があるんじゃないか、特に昭和30年代〜40年代初期については、どこも今津を見ていたんじゃないかという仮説を持っていました。エクセルで4校を年次順で並べた表を作って画像にしようとしたのですが、うまくいかなかったので以下の通り各校別に羅列しました。

ザンパ、新世界、シチリア島、そしてスラブ行進曲あたりは今津中が先に演奏し、それを豊島十中や出雲一中が後年採り上げています(シチリア島は出雲だけですが)。昭和40年代に入り、今津常勝時代が終わり、豊島十中と出雲一中を加えた3強とも云える時代を迎え、一旦は選曲の分化を見ますが、50年代と前後して何気に被りが見られるようになっています。オランダ人、シェヘラザード、幻想、ダッタン人(豊島十中も招待特演で演奏)・・・

そんな中で山王中の選曲は我が道を行っていることもわかりました。イタリア奇想曲やスペイン奇想曲は各々71年、74年が初演だとばかり思っていたのですが、既に採り上げていたとは。そして、改めて73年の「ドン・ファン」には驚きました。イタリア奇想曲、幻想で全日本で金賞を受賞し、リヒャルトのこの難曲で挑んだ東北大会。青森の湊中の「魔法使いの弟子」の前に次点となってしまったのでした。

当時のBJを読んでドン・ファンにも魔法使いにも目を丸くしたのを思い出しました。よく考えてみると、力で押すところがあった当時の山王中に対して、湊中はクリアなサウンドで精緻なアンサンブルを聴かせてくれていたように思います。

西宮市立今津中学校
1955 序曲「木犀草(ミニョネット)」 /バウマン 鈴木竹男
1956 喜歌劇「軽騎兵」序曲 /スッペ 鈴木竹男
1957 喜歌劇「詩人と農夫」序曲 /スッペ 得津武史
1958 歌劇「ザンパ」 序曲 /エロール 得津武史
1959 喜歌劇「怪盗団」序曲 /スッペ 得津武史
1960 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」 序曲 /ヴェルディ 得津武史
1961 交響曲第9番「新世界から」第4楽章 /ドヴォルザーク  得津武史
1962 スラヴ行進曲 /チャイコフスキー 得津武史
1963 招待演奏 得津武史
1964 劇的物語「ファウストの劫罰」より ラコッツィ行進曲/ベルリオーズ 得津武史
1965 英雄行進曲/サン=サーンス  得津武史
1966 ハンガリー狂詩曲第3番/リスト 得津武史
1967 リシルド序曲 /パレ 得津武史
1968 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 /ワーグナー 得津武史
1969 序曲「ローマの謝肉祭」/ベルリオーズ 得津武史
1970 祝典序曲/ショスタコーヴィチ  得津武史
1971 交響曲第5番第4楽章/ショスタコーヴィチ 得津武史
1972 スラヴ行進曲/チャイコフスキー 得津武史
1973 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲/ワーグナー 得津武史
1974 トッカータとフーガ ニ短調/J.S.バッハ 得津武史
1975 招待演奏 得津武史
1976 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲 /ワーグナー 得津武史
1977 歌劇「運命の力」序曲/ヴェルディ 得津武史
1978 歌劇「イーゴリ公」 よりダッタン人の踊り/ボロディン 得津武史
1979 エル・サロン・メヒコ /コープランド 得津武史

豊島区立第十中学校
1960 序曲「西部の人々」 /ワルターズ 酒井正幸
1961 歌劇「レーモン」序曲/トマ 酒井正幸
1962 歌劇「ザンパ」 序曲/エロール 酒井正幸
1963 スラヴ行進曲/チャイコフスキー 酒井正幸
1964 交響組曲よりイントラーダ、コラール、マーチ/ウィリアムズ 酒井正幸
1965 歌劇「カルタゴのトロイ人」より トロイ人の行進曲/ベルリオーズ 酒井正幸
1966 歌劇「ローエングリン」よりエルザの大聖堂への行列/ワーグナー 酒井正幸
1967 楽劇「神々の黄昏」 よりジークフリートの葬送行進曲/ワーグナー 酒井正幸
1968 交響詩「ローマの松」よりアッピア街道の松/レスピーギ 酒井正幸
1969 歌劇「ローエングリン」よりエルザの大聖堂への行列/ワーグナー 酒井正幸
1970 交響曲第4番第4楽章/チャイコフスキー 酒井正幸
1971 交響曲第9番「新世界から」第4楽章/ドヴォルザーク 酒井正幸
1972 交響組曲「シェエラザード」よりバグダッドの祭、海、終曲/リムスキー=コルサコフ 酒井正幸
1973 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲/ワーグナー 酒井正幸
1974 幻想交響曲よりV. サバトの夜の夢/ベルリオーズ 酒井正幸
1975 招待演奏 酒井正幸
1976 交響曲第5番第4楽章/ショスタコーヴィチ  酒井正幸
1977 祝典序曲/ショスタコーヴィチ  酒井正幸
1978 バレエ音楽「三角帽子」より終幕の踊り/ファリャ 酒井正幸
1979 交響詩「海」より III. 風と海との対話/ドビュッシー 酒井正幸

出雲市立第一中学校
1958 序曲「ラヴェンダーの花」/J.ニューマン 片寄哲夫
1959 序曲「ガラスの靴」/ヨーダー 片寄哲夫
1960 序曲「山の威容」/ヨーダー 片寄哲夫
1961 歌劇「ザンパ」 序曲 /エロール 片寄哲夫
1962 序曲「ジプシーの姫君」/ヨーダー 片寄哲夫
1963 付随音楽「エグモント」序曲/ベートーヴェン 片寄哲夫
1964 歌劇「タンホイザー」より大行進曲/ワーグナー 片寄哲夫
1965 英雄行進曲/サン=サーンス  片寄哲夫
1966 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」 序曲 /ヴェルディ 片寄哲夫
1967 トッカータとフーガ ニ短調/J.S.バッハ 片寄哲夫
1968 交響曲第9番「新世界から」第4楽章 /ドヴォルザーク 片寄哲夫
1969 狂詩曲ジェリコ/グールド 片寄哲夫
1970 交響曲第4番第4楽章/チャイコフスキー 渡部修明
1971 ハンガリー狂詩曲第2番/リスト 渡部修明
1972 歌劇「イーゴリ公」 よりダッタン人の踊り/ボロディン 渡部修明
1973 祝典序曲/ショスタコーヴィチ  渡部修明
1974 序曲「ローマの謝肉祭」/ベルリオーズ 渡部修明
1975 交響組曲「シェエラザード」よりバグダッドの祭、海、終曲/リムスキー=コルサコフ 渡部修明
1976 バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より夜明け、全員の踊り/ラヴェル 渡部修明
1977 管弦楽のための映像「イベリア」より 第2楽章夜の匂い、第3楽章祭の日の朝/ドビュッシー 渡部修明
1978 招待演奏 錦織雄司
1979 スペイン奇想曲より 第3、4、5楽章/リムスキー=コルサコフ 錦織雄司

秋田市立山王中学校
1959 序曲「ピノキオの冒険」ヨーダー 木内博
1960 序曲「インドの女王」/キング 木内博
1961 イタリア奇想曲/チャイコフスキー 木内博
1962 歌劇「真珠採り」序曲/ビゼー  木内博
1963 喜歌劇「こうもり」 序曲/J.シュトラウスII世 木内博
1964 第1組曲よりマーチ/ホルスト 木内博
1965 スラヴ狂詩曲第1番 /フリードマン 木内博
1966 バレエ組曲「シルヴィア」よりバッカスの行列/ドリーブ 木内博
1967 スペイン奇想曲より 第3、4、5楽章/リムスキー=コルサコフ 木内博
1968 序曲「フィンガルの洞窟」/メンデルスゾーン 木内博
1969 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲/ワーグナー 木内博
1970 交響曲第5番第4楽章/チャイコフスキー 木内博
1971 イタリア奇想曲/チャイコフスキー 木内博
1972 幻想交響曲よりV. サバトの夜の夢/ベルリオーズ 木内博
1973 交響詩「ドン・ファン」/R.シュトラウス 木内博
1974 スペイン奇想曲より 第3、4、5楽章/リムスキー=コルサコフ 木内博
1975 バレエ音楽「三角帽子」より粉屋の踊り、終幕の踊り/ファリャ 木内博
1976 スペイン狂詩曲より II.マラゲーニャ IV.祭り/ラヴェル 木内博
1977 バレエ音楽「バッカスとアリアーヌ」第2組曲/ルーセル 羽川誠
1978 交響詩「海」より III. 風と海との対話/ドビュッシー 羽川誠
1979 バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より夜明け、全員の踊り/ラヴェル 羽川誠

今津中の2度目のマイスタージンガーは銅賞に終わりますが、その年金賞を受賞した山王中、出雲一中がそれぞれ自由曲としたスペイン狂詩曲やダフクロといったラヴェルの作品には目もくれず、翌年運命の力で真っ向勝負した得津先生の拘りには脱帽です。後年の石田中の運力も素晴らしいですが、僕の中ではこの年の今津の演奏が今でも中学の部ピカイチの演奏だったと思っています。

さて、ぼんやりしていたら、母校の予選も終わったようです。昨年は地区予選でダメ金という悔しい結果に終わっていただけに(予選でダメ金なんて聞いたことなかったし)、今年はどうなんだろうとドキドキしていました(割には何時だったか認識していなかったりする)が、代表となって県大会に出場することが叶ったようです。自分たちの力を出し切って、その場その場で悔いの残らない演奏を期待しています。そして、何よりも音楽を楽しんでください!

7/30
【トレーニング】 胸2・肩1・背中1・二頭筋1・三頭筋1・体幹3各3セット、エアロクライム165w60分、ストレッチ
【ピアノ】 ジーグ〜パルティータ第6番、エル・プエルト、トゥリアーナ〜イベリア

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うひゃ?!
なにやら凄いデータベース?!になりましたね。
こうやって改めてみると、懐かしいやら、今では諸々の「事情」で
聞けなくなったろう曲とか・・・
私なんぞは、そういう所からも「クラシック(オケ曲)」に入っていったのですが・・・
今時の皆さんは、どうなんでしょうね?
うたえもんFl
2017/07/31 13:38
〉うたえもんさま

コメントありがとうございます。この中だと、シチリア島とかスペイン奇想曲とか、吹奏楽からオリジナルに遡ってます。最近は、妙な邦人作品を演奏したりして、古典を聴くことそのものがあるんだか、という気がしています。
24hirofumi
2017/07/31 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学四強時代 〜吹奏楽コンクール 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる