音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京藝術大学を知る休日 〜題名のない音楽会

<<   作成日時 : 2017/06/15 04:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


日曜日の「題名」は、東京藝術大学を知る休日と題して(って、これじゃ題名がありますね)、学長の澤さん、ディレクターの湯山玲子さん、ソプラノの小林さん、そしてサックスの上野君とザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテットがゲストでした。

藝大というと、僕も「一応」目指して作曲の勉強をしていたことがあり(目指すのは自由ですからね(笑))、何だかんだ云っても憧れの学府。どんな感じで皆さん、勉強しておられるのか興味津々。中でも一番驚いたのが、藤井一興さん。熱狂の日のエントリーでちりめんヘアーだの岸部一徳だの好き勝手大放言してしまったのですが、ソルフェージュの講義で、フォーレのヴァイオリンソナタをアナリーゼ。Hをフィナリスとして・・・ドリアが・・・経過偶成で半音階的に進む・・・いやぁアカデミックで素敵です。

能楽堂のある邦楽も印象的でしたが、やはりピアノをさわっている身としては迫さんのレッスンが楽しかった。最初はベートーヴェンの31番ソナタ、次に迫さんがオケパートを伴奏しての2番コンチェルト。藝大のピアノ科の学生さんは、ベートーヴェンのソナタとコンチェルトを一度にレッスンしているのでしょうか。苦しそう(笑)

ラストは上野さん率いるザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテットの演奏。プラネルのバーレスクという曲、僕は初めて聴きました。何だかフランセっぽくて軽妙で楽しい作品、本当に冗談のような。サックスのカルテットの同時並行アルペジオってイイですね!ホント、格好イイです。

さて、次回も藝大が続くようです。上野君がクレストンのソナタを吹いてくれるみたいですね、楽しみ。

6/14
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 ガヴォット、ジーグ〜パルティータ第6番、バラード第4番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京藝術大学を知る休日 〜題名のない音楽会 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる