音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」

<<   作成日時 : 2017/04/02 07:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


台湾を西海岸からぐるりと一周しながら、歴史を語りつつ、食も含め観光についても書かれた新書。やはりこの程度の認識をもっていた方が良いと思いますし、ようやくそれに気づいた僕にとってもよく整理して頂いてありがたい一冊です。名所やグルメの深堀りはネットや別ガイドに頼るとしても、台湾を訪れる際にバッグに忍ばせておけば必ず役に立つと思います。

画像















画像





















太魯閣號のエクステリアの装飾は一部の編成だけで、ホワイトにオレンジの帯(窓周りがブラック)というシックなカラーリングなのと、DR2800〜3100のディーゼル車両やEMU300の「顔」がオレンジとイエローの奇抜な塗装を施されているのは、踏切事故を防止するために遠くからの識別が可能なように、こうされているのではなかったかと思います。

また、自強號のみならず復興號に至るまで「特急」と分類なさっていますが、間違ってないのかも知れませんけど、現地では「対號列車」(座席指定)として分類されています。ということで、「鉄」という面では物足りない部分もかなりありました。

ただ、台湾で云われているとされる「日本時代はよかった」は、日本時代とそのあとの蒋介石の暗黒時代と比較してのことにちがいないと断じていること、「日本の統治に圧政、弾圧、強制がなかったわけがな」く「台湾に善政を施したという考えは支配者の論理なのだ」としていること、やはりそうなのではないかと思います。

もちろん今の台湾の人の中に日本が大好きな人がたくさんおられることも確かだと思います。

台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」
村串栄一著 講談社+α新書[Kindle版]

4/1
【トレーニング】 体幹3各3セット、エアロクライム160w60分、ストレッチ
【ピアノ】 コレンテ〜パルティータ第6番、バラード第4番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる