音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS N響第1854回定期公演 〜クラシック音楽館

<<   作成日時 : 2017/04/13 04:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


日曜日のEテレ「クラシック音楽館」では、N響第1854回定期公演の模様が放映されました。

ヘスス・ロペス・コボスの指揮によるオールレスピーギプログラムという、ひと昔前では考えられないような曲目が並んでいます。メインは「ローマの祭」なんでしょうけど、何と「教会のステンドグラス」が採り上げられていました。

そして、僕がオケの演奏を聴くのは初めてとなります。94年の全日本で淀川工業が「大天使ミカエル」を自由曲に、その何年か後に常総学院がそれに加え「エジプトへの逃避」を加えて自由曲として演奏したのを、CDで聴いただけという・・・淀工は課題曲の演奏を引き摺ったのか「らしくない」演奏、常総学院は残念ながら「上手いだけの」演奏で、曲そのものの印象もぼやけていました。

今回、N響の演奏を聴いて吹奏楽にも合うような気がしました。N響もこれが初演になるそうですが、こういった曲を採り上げるようになったことは、何だか感慨深いものがあります。もちろん、ローマの祭は熱く燃えていていながらスマートという格好イイ演奏でした。もう少し生まれるのが遅ければ、プロオケを聴くのが楽しかっただろうなぁ。

でも、今のアマチュア吹奏楽は上手いだけで超つまらないので、まぁイイかなぁ(笑)

レスピーギ: グレゴリオ風協奏曲*、交響的印象「教会のステンドグラス」、交響詩「ローマの祭」
アルベナ・ダナイローヴァ(ヴァイオリン)* ヘスス・ロペス・コボス指揮 NHK交響楽団

4/12
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 コレンテ〜パルティータ第6番、バラード第4番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
N響第1854回定期公演 〜クラシック音楽館 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる