音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田で藤田嗣治をみる

<<   作成日時 : 2006/06/11 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

先般の藤田嗣治展以来
是非静かにフジタを観たい!という衝動にかられ
ついに本日実行してしまいました。

朝一番のJALで秋田へ。
その前に空弁、なぜか「牛タン弁当」で腹ごしらえ。
あっという間に秋田空港へ到着。

画像
















そして、そして、ついに「平野政吉美術館」!
藤田展にメジャーどころが貸し出されているため
その寂しさはほんの少々あるとはいうものの
「秋田の行事」だけでもう充分来た甲斐がありました。
(画像は美術館のHPから拝借したものです)

縦3.65m横20.5mという
壮大なキャンパスに描かれた
有名な竿灯祭り
太平山三吉神社の梵天祭
日吉八幡神社の秋祭り(山王祭)
かまくら
といった秋田の行事の数々。

特にお祭りは細かい描写なのに凄い迫力で
グイグイと惹きこまれていってしまいました。
冬の情景の雪の質感もいい塩~。
また、フジタと言えば「猫」というイメージでしたが
ここには7匹の犬が描かれています。
(ボクの数え間違いでなければ、ですが)
秋田だからかな?
いや、この犬がホントに可愛いんですよ。
抱きしめたくなってしまうほど(笑)

2階、3階を行ったりきたり
目の前で見たり、遠く離れたところナ見たりと
もうキリがないのですがそれでも飽きません。

画像

さて、後ろ髪をひかれつつ美術館を後にして
せっかく秋田にやって来たんだからと
かの吹奏楽の名門「山王中学校」へ。
校舎は建て替えられたのか現代的でしたが
ここがあの演奏を生んだ学校なんだなぁ、と感激。
運動部のほか、吹奏楽部も練習していました。
スケールがつっかえていたので新入生の音かな。




そして帰りは「こまち」。
お昼は駅弁、大館花善の鶏めし弁当。
写真取らずにがっついてしまったので画像はHPをご覧ください。
http://www.hanazen.co.jp/

これはマジ絶品でした。
先ずは見た目の美しさに思わず「うまそう!」
そして、冷えても美味しい炊込みご飯
歯応えのある鶏肉(比内地鶏)はもちろんのこと
付け合わせもだたのがんもや蒲鉾ではなく工夫されているし
お新香もきちんと漬けられたもので出来合いじゃないし・・・。
本当に丁寧に仕事がされていました。
これで850円とはとても信じられません。
通販はないということなのでまた秋田に行くか(笑)

いやぁ慌しい日帰り旅行でしたが大満足の一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
藤田嗣治
ちょっと前ですが、国立近代美術館に藤田嗣治展を見にいきました。時代別に並べられた作品群は、藤田という人の人生そのものが、絵の変遷にあらわされているようでした。 あまりお金には困らなかった人なのかなと思いましたが、美しい乳白色と言われる独特の色をはじめ、独自の世界を常に追求し続ける姿勢は素晴らしいものがあります。彼のレゾンデートルはまさしく絵を描くことそのものであると感じました。 日本を出たからこそ大きく羽ばたいた藤田。まさに芸術家と呼ぶにふさわしい生き様で、多様な作品群とともに後世に語り継が... ...続きを見る
文学な?ブログ
2006/06/13 01:15
秋田の行事 〜美の巨人たち
あの巨大な絵を見てからもう6年になるんだなぁ。 ...続きを見る
音楽徒然草
2012/06/24 08:47
新秋田県立美術館オープン
9月28日に新しい秋田県立美術館がオープンしました。 ...続きを見る
音楽徒然草
2013/10/04 05:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田で藤田嗣治をみる 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる